メインコンテンツへ

適用されるプロモーション

Location

モンブランについて

スイスから生まれた情熱

何世紀にもわたって蓄積されてきた知識、数十年の経験、何年もかけた開発事業、そして数百時間に及ぶ手作業 – それらすべてが統合され、モンブランのタイムピースが生まれます。 ヴィルレとル・ロクルにあるモンブラン・マニュファクチュールでは、何世代にもわたり受け継がれる技術を活かし、時計作りの誇りと情熱、魂を一つ一つのタイムピースに注ぎこんでいます。

160年の伝統のセレブレーション

モンブランの時計作りの伝統は160年前の1858年、シャルル・イヴァン・ロベールがサンティミエール渓谷に時計工房を設立し、ミネルバ社への布石を敷いたことに始まります。 ヴィルレのミネルバは今日、モンブランマニュファクチュールの本拠として機能しています。 ミネルバ社はその全盛期、細微な時の間隔を最高の精度で計測するプロフェッショナル向けの時計の専門工房でした。 1880年代には、モンブランが現在拠点を置くマニュファクチュールで早くもリューズで巻き上げができるポケットウォッチの製作を開始。 これは特別な鍵がなくても巻き上げができる最も初期の小型時計の一つであり、ミネルバ社の成功とその後の事業拡大の基盤となりました。 この画期的なタイムピースは世界各地の時計展示会で注目を集め、名誉ある数々の賞を受賞しました。 20世紀初頭にはモノプッシャークロノグラフの開発を開始し、精密な時間測定において定評を確立したミネルバ マニュファクチュールはやがてプロフェッショナル向けの時計やストップウォッチに特化した専門集団へと育ってゆきます。 プロ仕様のタイムピースの歴史にミネルバほどの名を残す時計作りの老舗はそう多くありません。 新たな高みを目指したミネルバの旅は20世紀を全般を通じて継続し、特許を伴う多くの革新的な時計技術を経て100分の1秒を計測可能なストップウォッチの開発に成功します。 こうした発展はミネルバが1858年以来積み上げてきた傑出した匠の技を象徴しており、ポケットウォッチとクロノグラフ製造業者としてのミネルバの名声を確立しました。 今日、モンブランのタイムピースは、160年間にわたって培われてきたミネルバの伝統を3つの高級時計シリーズに昇華させています。

corporate_-watchmaking_content_mapping_823x465_Editiorial_Banner_01_Desktop

"モンブランは、1858年まで遡る傑出したミネルバの伝統に敬意を表し、主要なエレメントはそのままに、クラッシックな仕上げ加工と洗練されたデザインをさらに昇華させ、象徴的なスターコレクションに新たな解釈を加えました。製造専門知識を結集し、高級時計作りのフロンティアを切り開く新しい自社開発の複雑機構を搭載します。 1927年のゴールドハンターキャリバー19など、19世紀末から20世紀初頭に作られた歴史あるミネルバの懐中時計を彷彿とさせる、モンブラン スターレガシー タイムピースは、側面からエレガントにカーブを描く滑らかな小石のようなラウンド型のケースデザイン。 側面に段差を入れたラグが特徴です。 古典的な時計作りのスピリットに従い、リューズは格調高く操作性にも優れたオニオン型、トップにモンブランのシンボルマークを冠しました。 ダイヤルでひときわ目立つのが、形とサイズが新しく刷新されたアラビア文字。 アイコニックなエクスプローディングスター模様のギョーシェ加工がダイヤルの美しさをさらに引き立てます。 洗練された美が凝縮されたその他のディテールには、ダイヤルの輪郭に沿ったユニークなレイルウェイ ミニッツトラックやフィレソーテ・ギョーシェ加工が含まれます。"

"モンブラン タイムウォーカー コレクションは、160年にわたるミネルバの遺産へのオマージュであり、微差を競うパフォーマンスを測定するためのタイムピースの開発が花開いた20世紀初頭、モーターレース黄金時代に思いを馳せる製品です。
20世紀初頭、モーターレーシングが人気を博するとともに軽量のボディと新しいエンジンの発明が続き、車のスピードは年を追うごとにますます速くなっていきました。 それとともに、勝者を決定する時間差はますます縮まり、より小さな単位で時を計測できる機器が求められるようになりました。 当時、わずかな時間間隔を計測できる精密な時計の専門工房の一つだったのがミネルバです。 モーターレースにおいて時間を精確に計測するために作られたミネルバ100分の1秒ストップウォッチや有名なラリータイマーなどの時間計測装置は、これら豊かな時計遺産を作り上げた基盤と言えます。 ミネルバは、伝説的な世界中のスポーツイベント採用されたストップウォッチなど、パフォーマンスの時間計測の歴史を作りました。
タイムウォーカーコレクションは、コンテンポラリーなタイムピースでありながらヴィンテージを重んじ、スタイル、パフォーマンスと革新、優れた視認性と頑丈さを併せ持つ、プロフェッショナル向けの時間計測機器というミネルバの哲学を踏襲したもの。 機能性と精確性を追求したミネルバの160年にわたる時計製造の遺産への賛辞として、モンブラン タイムウォーカーウォッチはすべて、ミネルバの赤い矢型が針またはムーヴメント機構に採用されています"

"山岳探検の世界からインスピレーションを得たモンブラン 1858。 高い精確性と信頼性、極限の環境でも使用できる軍用または山岳探検用として作られた1920年代から1930年代のミネルバ懐中時計とクロノグラフを再解釈して、モンブラン 1858ウォッチが新しく生まれ変わりました。過去のスピリットが現代的に映し出され、探検と自然回帰のトレンドが表現されています。
探検からインスピレーションを得て作られたこの新しいヴィンテージ タイムピースは美しく革新的な複雑機構とブロンズ合金などの素材の組み合わせ、異なるケースサイズが特徴です。 過去のスピリットを現代的にとらえ、自然回帰のトレンドと冒険への渇望を表現しています。
そのヴィンテージ感は1920年代から30年代の軍用タイムピースに直接的に根ざしており、古典的なクロノグラフに特徴的な同時代のデザインエレメントが起用されています。 サテン仕上げのケースは往時のデザインに多少手を加え、エッジを面取りしポリッシュしたことでラグをスリム化し、フォルムを整えました。 その他のディテールとしては古典的なタイムピースを彷彿させる溝付きのクラウン、ドーム型のサファイアクリスタルのガラスボックスが挙げられ、ヴィンテージの魅力とともに堅牢性をさらに確かなものにしています。
ダイヤル上で色鮮やかなコントラストを見せるのがルミネセントのカテドラル針。わずかにドーム型に盛り上がった繊細なクロワゾネ・デザインが上品な高級感を演出します。 スーパールミノバ®でコーティングされたアラビア文字、レイルウェイ ミニッツ トラック、歴史を感じさせるフォントの1930年代のオリジナル モンブラン ロゴと名峰モンブランのシンボルマークが風格を醸し出す逸品です。"

マニュファクチュール

"スイスのル・ロックルとその周辺の渓谷、ラ・ショー・ド・フォン、サンチミエ渓谷、ビール地方は、この200年にわたり最高品質の時計の製造を特に積極的に行ってきました。19世紀後半からポケットクロノグラフの製造を専門とし、その後腕時計の製造を行うようになった工房が、この地域には数多くあります。ヴィルレとル・ロックルにあるモンブラン・オート・オルロジュリ・マニュファクチュールは、現在もこの分野で活躍しています。

この2つの工房の優れた時計職人たちはスイス時計製造の伝統を最高の状態で維持しつつ、最高の精密性、完璧さ、耐久性を備えた革新的な時計を生みだすことに全力を尽くしています。"
 

"ヴィルレにある工場、モンブラン ムーヴメント&イノベーションエクセレンス センターは、1858年のミネルバ設立時の工房と同じ場所に立ち、開発・プロトタイプ製作から、革新的かつ画期的な複雑機構や微小高性能機械部分の組み立てまですべての工程を行っています。
ここは微小機械調整を一つ一つ手作業で行う、今では世界でも数少ない伝統的な時計作りを行なっている工場の一つであり、各タイムピースは世の中に一つしかないユニークな製品として個別に作り上げられていきます。
モンブランは、本物のスイス時計製造の伝統が生きた機械式の時計を作るために必要な専門知識とツール、時計職人の匠を抱える数少ないマニュファクチュールの一つです。 ミネルバの伝統が示す原理に従い、さらに絶え間なく革新を追求することによって、ヴィルレの時計職人たちは現代的な高級オルロジュリーが生み出したいずれの製品とも様々な点で異なる傑出した時計を創出してきました。"

"時計製造の伝統と最先端技術が出会うのが、ル・ロックルにあるモンブラン ウォッチ&クオリティ エクセレンスセンターです。 ここで伝統的な時計製造工法が最新テクノロジーと融合します。 美的デザインや最終的な組み立て、プロトタイプ製作など、アイコニックなタイムピース作りに欠かせない専門知識がここに凝縮しています。
ル・ロックルの工場で数え切れないほどのパーツが職人技によって組み合わされると、最高レベルの精度と完璧性を確認するため、モンブラン ラボラトリーテスト500と呼ばれる厳しい試験が行われ、最高レベルのモンブラン タイムピースが完成します。 毎日の使用による磨耗・消耗試験、防水、リューズに対するセッティングの反復試験、様々な天候条件への耐性試験、特定機能の繰り返し使用試験など、 すべてのタイムピースは500時間にわたって様々な極限状態にさらされます。 非常に技術的に複雑な機構においてもその性能を保証するために、極めて厳格な手順が実施されるのです。"

クラフツマンシップ

モンブラン・マニュファクチュールの優れた時計職人たちは、ブランドの価値観と真のスイス時計製造の精密性を融合させ、モンブランのクラフツマンシップと品質基準に対する高い期待に完璧に応えます。


corporate_-watchmaking_content_mapping_823x465_Editiorial_Banner_02_Desktop

"数え切れないほどのパーツが職人技によって組み合わされると、最高レベルの精度と完璧性を確認するため、モンブラン ラボラトリーテスト500と呼ばれる厳しい試験が行われ、最高レベルのモンブラン タイムピースが完成します。
毎日の使用による磨耗・消耗試験、防水、リューズに対するセッティングの反復試験、様々な天候条件への耐性試験、特定機能の繰り返し使用試験など、 すべてのタイムピースは500時間にわたって様々な極限状態にさらされます。 非常に技術的に複雑な機構においてもその性能を保証するために、極めて厳格な手順が実施されるのです。
モンブラン ル・ロックル工場の品質保証チームが厳しい品質基準への準拠を確認し、納得して初めて、時計は出荷されます。 試験に合格した製品だけに与えられる厳格な品質水準保証、500時間モンブラン ラボラトリーテスト認証は、きわめて厳格な品質水準保証の証です。"

一番最近届いた情報